認知行動療法とは?

メンタルヘルス

認知行動療法の概要

当ルームや認知行動療法を行っていく上での、大切な目的の一つとして、相談者自身が自分の優れたカウンセラーになることです。

そのためのお手伝いを致します。

認知行動療法は、ざっくり言うとご自分にとっての「環境・きっかけ」―「気分」「考え」「行動」「身体の反応」との関係を明確にして、悪循環になっていたら少し変化を加えてみるという方法です。

イラストにしてみると、下のようになります。

例えば、ある知り合いの態度を想像してください。

その知り合いは、自分に対してものすごく失礼な態度をとってきます。

その態度を受けて、自分は無視をしたり、「あいつはなんて嫌な奴だ!!」と腹を立てます。

すると、その知り合いはさらに失礼な態度をとってきて、余計に腹が立ちました。

皆さん、そんなご経験ありませんか?

この知り合いの態度というものが、上のイラストでいう「環境・きっかけ」です。

それに影響され、無視したり、腹を立てるという自分事は、イラストの右半分の「気分」「考え」などに当たります。

さきほどの例では、知り合いでしたが、これが毎日顔を合わせて、話すような相手だったらどうでしょうか?

多分、ほとんどの人は、気が滅入ると思います。

気が滅入り続けると、何もしたくなくなったり、ずっとネガティブなことを考えたりするかもしれません。

このような悪循環になったら、ちょっとした変化を加えて悪循環を断ち切るものが、認知行動療法のアプローチです。

また、認知行動療法では大事なのは、相談者さんにプライベートでやってきてもらうホームワークです。

ホームワークというと、学校の宿題のようなものを想像するかもしれませんが、内容はカウンセリング中に話し合って決めていきます。

そのため、大量のホームワークを出すことは決してありません。

認知行動療法は自分一人でも取り組める!!

認知行動療法の優れた点の一つとして、自分一人でも取り組めることです。

「いきなりカウンセリングは、敷居が高い」という方は、一人できる認知行動療法の本が色々と出版されています。

まずは、その本を手に取ってみることをおススメします。

ちなみに私のおススメする本は、

大野裕先生の「こころが晴れるノート:うつと不安の認知療法自習帳」です。

値段も手ごろで、ページ数も少ないので、すぐ読めます。

認知行動療法の基本的な考え方も分かるので、おススメです。

伊藤絵美先生の「セルフケアの道具箱」という本も、読みやすいです。

一見分厚い本ですが、絵も多くストレスなく読めます。

こちらの本は、色々なストレス対処方法が載っているので、自分に一番ぴったりな方法を探すことができます。

伊藤先生自身が、実践された方法をまとめたものなので、説得力があります。

身に着けるのにある程度練習は必要ですが、一度身に着けると一生使えますので、コストパフォーマンスは高いと思います。

もし、本を読まれてみて、実際に受けてみたいと感じたら、ご連絡ください。

SNSフォローボタン

コメント

タイトルとURLをコピーしました