ヨガに痛めつけられた話

雑記

みなさんは、ヨガをご存じですか?

それまでの私は、ヨガと言えば、手足を伸ばしたり、火を噴くというイメージでした。

嘘です。

「最近、あまり運動してないしなぁ」と感じてきたこともあり、YouTubeにいっぱいヨガの動画がアップされているので、いくつか実践してみました。

「ヨガなんて、ストレッチの延長やろ。楽勝、楽勝」

あれ?

きつい。

めちゃくちゃくきつい!!

自分が思っていたよりも、数倍きつい。

一瞬で、精神的にも、肉体的にも限界を迎ました。

それにしても、動画の先生は、軽々とすごい角度で体を曲げるのです。

無理。

無理無理無理無理!!

あの方たちは、きっとスーパー野菜人なのでしょう。

しかし、私にも意地がありますし、身体の健康は維持したいのです。

というわけで、1週間ほどヨガをやってみて、個人的に発見したことをまとめてみようと思います。

簡単に体がつる

すぐに体がつるのです。

体に鉄製のパイプでも入れているのではないかってぐらい、体が曲がりません。

ちょっと体をひねるとわき腹が、

「ああああああああ」

ちょっと肩を回すと、

「ああああああああ」

ちょっと、股関節を回すと、

「ああああああああ」

思い返してみると、子どもの頃は、走ったり、飛び跳ねたり、結構無理なことを日常的にしていたように思います。

それが、中学生、高校生と年を取るにつれて、日常的に決まった動きしかしなくなり、どんどん筋肉が錆びていったのでしょう。

機械も人間も使わないと錆びるんでしょうね(遠い目)

簡単に息があがる

動画を見ていると、

「あれ、あの人、足一本なのに微動だにしてないよね」と思いました。

そうなんです。

本当に、足一本で立っているのに、全く動かないんです。

もちろん、私もやってみたのですが、見事にバランスを崩し、小指を殴打しました。

そして、静かにポーズを取っているだけなのに、いつの間にか息が上がっているんですよね。

不思議です。

かなりきついポーズもありますが、ほとんどがそうでもないというか、地味なんです。

でも、きつい。

私が高校生で部活にバリバリ駆り出していたときだったら、絶対にありえないです。

認めたくないすね。若さゆえの…

翌日、凝りが解消されている

ここまでネガティブなことばかり書きました。

しかし、メリットもあります。

ヨガマジックとでも言いましょうか。

散々体を痛めつけたので、翌日の筋肉痛を心配していました。

ですが、びっくり。

かすかに筋肉痛はあるのですが、むしろ昨日より体調が良いかもしれない。

血行が良くなったり、体の歪み的なものが整えられたのが理由かもしれません。

特に、カウンセラーと言う仕事は、座りっぱなし。

エコノミーな病気になりやすいと思うので、適度に体を動かしていきたいですね。

結論

運動不足でヨガにチャレンジすると、体が痛めつけられる。

しかし、翌日の体調はめちゃくちゃ良い。

SNSフォローボタン

コメント

タイトルとURLをコピーしました