初回カウンセリングを予約する前に考えてほしいこと

カウンセリングが適している悩み(一例)

  • 考えを整理したい。
  • 気分をコントロールしたい。
  • 話を聞いて欲しい。
  • 生活リズムを整えたい。
  • 病院に通っているが、変化が無い。
  • 薬物療法には抵抗感がある。

カウンセリングでは、最終的に相談者さん自身の力が必要

カウンセリングを受けるだけで、劇的に変化すると期待される方もいると思います。

しかし、最終的には相談者さん自身の力で、自分を変化していくことが大切です。カウンセリングを受けているだけで劇的に変化することはありません。

カウンセラーは、相談者さんのサポーター的な役割です。

例えば、相談者さんが完全に「自分は何もしたくない」と思っていたとします。

その場合、カウンセラーがどんなにやる気になっていても暖簾に腕押し。意味が無いです。

そのため、ほんの少しでも良いので「自分で何とかできるようになりたい」というモチベーションは必要かなと思います。

というわけで、最終的には相談者さん自身の力が必要になります。

カウンセラーは、その力を信じることも、仕事の一つです。

定期的に通えるための時間やお金は必要

現実的な問題として、カウンセリングは「1回、2回程度受けたら終了」とは、なかなかいかないものです。

厚生労働省のマニュアルでは、16回を基本としています。それよりも少ない回数で、短期間での成果を期待し過ぎることは危険です。

もちろん、短期間で終結を目指す理論もありますが、その場合短期間で成果を期待できる悩みに焦点を当てたり、相談者さんの状況によって対応します。

カウンセリングの理論にはまだまだ未知数な部分も多いので、全ての相談者さんに適応できるとはいい難いです。

少なくとも3カ月~半年程度は通うことを前提に考えていた方が良いかもしれません。

少ない回数を期待して、結果的に多くなるよりは、多い回数を覚悟して少ない回数で終結した場合の方が精神的に楽かなと思います。

時間やお金を無理やりねん出しても、その状況が苦痛だったら、続けてカウンセリングに通うことは難しいです。

プライベートに必要な時間やお金は、あらかじめ確保して、カウンセリングに定期的に来所できるか検討してください。

同居している家族がいるならば、事前に伝えた方が良いかも

時々あるのですが、同居している家族に言うのにためらってしまい、言わずに来所される方がいます。

認知行動療法では、ホームワークとして悩みを記録して貰ったりします。

そのため、家族が不審に思うかもしれませんので、事前に伝えた方が良いと思います。

当カウンセリングルームの効果

2回以上カウンセリングを行った相談者さんのデータを、いくつかまとめました。

縦軸がそれぞれの気分尺度の点数です。点数が高いほど、その気分が強いことを表します。
横軸は、カウンセリング回数です。

傾向として、抑うつも不安も6回までは大きく下がり、15回までは上下しながら概ね横ばいに推移しました。
そのため、6回、15回程度のカウンセリングを受けること目安にしてもよいかもしれません。

ダイエットと同じようなところがあるようで、最初はどんどん痩せていくが、途中から全然痩せなくなり、しばらくするとまた痩せ始める。

そのように、気分も最初は一気に和らぐが、途中からあまり変わらず、しばらくするとまた和らぐようになるみたいです。